Web業界未経験からエンジニアになる人のブログ

web業界未経験からエンジニアになる人のブログ

ご訪問ありがとうございます!

やさしいherokuへのデプロイ手順

こんにちは、kossyです。

今回はようやくテストアプリがherokuにデプロイができたので、 備忘録としてブログに残しておきます!

手順

  1. Mysqlの人はクレカの設定
  2. ターミナルで作成したいディレクトリまでcdで移動
  3. あらかじめgithubに全てコミットしておく(create時にherokuもoriginもパスが作成される)
  4. heroku create アプリ名(先頭の文字を大文字にするとエラーになるよ!)
  5. git remote -v でheroku(fetch)~, heroku(push)~, origin(fetch)~, origin(push)~, になってるか確認
  6. heroku addons:add cleardb
  7. heroku config | grep CLEARDB_DATABASE_URLでmysqlのバージョンを確認
  8. 自分のアプリのmysqlのバージョンを確認して(gemで確認できる)、違っていたら9へ。あってれば10へ
  9. heroku config:set DATABASE_URL='mysql2://~'(カンマ忘れるとターミナル止まる)
  10. git push heroku master
  11. heroku run rake db:migrate
  12. heroku open

    これでHerokuへのデプロイができると思います。 もしheroku openしてエラーがでた場合は、heroku logsでログが見られるので、 そこでエラーの原因を特定するようにできればいいと思います!