ng new でプロジェクト名に_(アンダースコア)は使えないという罠

こんにちは!kossyです!




本日気になったニュースはこちら
headlines.yahoo.co.jp

iphoneめっちゃ高いですよね。
円高だった頃はまだ安かったイメージですけど、
Zenfoneとかその他ローエンド?なAndroid端末とはとんでもない価格差になった感があります。

もう一回円高になれば多少は安くなるかもしれないですけど、
その頃には不景気になってそうですね、、、










さて、今回はangular cliで使えるコマンドである、
ng new での新規プロジェクト作成の際に、_(アンダースコア)は使えないという知見を得ましたので、
ブログに残しておこうかと思います。




エラーログ
このコマンドを実行したら、

$ ng new pr_angular

こんなエラーログが。

Schematic input does not validate against the Schema: {"name":"pr_angular","version":"7.1.3","routing":false,"style":"css"}
Errors:

  Data path ".name" should match format "html-selector".


Schematic input does not validate against the Schema
でグーグル検索しても英語のドキュメントしか出てこなかったので仕方なく読む。

すると、


Just got the same error with an underscore in the project name.

というコメントを発見。
"私もプロジェクト名に_を使ったら同じエラーに遭遇したよ"
というような感じでしょう。

pr_angularとしていたのを、
pr-angularとしたら、
無事に新規プロジェクトを作成できました。



グーグル翻訳最高ですね。

npm installして怒られた時の対処法

こんにちは!kossyです!




本日気になったニュースはこちら
japanese.engadget.com

まさかLINE PAYも対抗してくるとは思ってもみませんでした。
個人的には、年末か年明け頃に再度PayPayが還元キャンペーンを行うと見込んでいたのですが、
これで怪しくなったような気もします。

上限還元金額は5000円とPayPayよりも安いですが、
期間中ならいくらでも還元を受けられるので、
コンビニでの利用でLINE Payを使って見ようかと思います。

あと上新電機液晶モニターを買いたい、、、笑











さて、今回は、npm installを実行した際に、vulnerabilities(脆弱性)の警告を受けた際の
対処法についてブログに残して見たいと思います。





環境
node: 10.14.1
npm: 6.4.1




とりあえずnpm audit

ターミナルで、

$ npm audit

と実行すると、

  === npm audit security report === 

以下略

と出力され、脆弱性のレベルや詳しい情報へのURLを表示してくれます。
ここで、よーくログを見ていると、

# Run  npm install --save-dev *****@*****  to resolve * vulnerabilities
SEMVER WARNING: Recommended action is a potentially breaking change

と出力されている部分があります。(*にはパッケージ名やバージョン、数値が入ります)


ここで指示されている通りにターミナルで実行すると、

$ npm install --save-dev *****@***** to resolve * vulnerabilities
added *** packages from *** contributors, removed ** packages, updated ** packages and audited **** packages in 12.457s
found 0 vulnerabilities

なんか知らないけど解決できた!!



開発者がパッケージの開発をやめてしまったりすると、
古いパッケージの脆弱性対策が行われず放置されてしまうようで、
脆弱性の警告文はよく目にすると思います。

そういう時は慌てずに、

$ npm audit

か、

$ npm audit fix

を試してみましょう。




参考にさせていただいたサイト
脆弱性の警告を受けたnpmパッケージの依存関係を力技で直す - Qiita

TLSプロトコルの解説スライド

こんにちは!kossyです!




12月からエンジニアとして働き出して、業務で今まで全く使っていない技術を使うことになったので、
基礎を固める学習に時間を取られブログを全く更新できていませんでした、、、




この土日はゆっくりできそうなので、ブログも更新したいと思います。




さて、今回はTLSプロトコルに関して詳しく解説されているスライドを見つけたため、
ご紹介できればと思います。




speakerdeck.com

ほんとに通信面の知識には疎いので、
業務に慣れてきたら通信周りを鍛えたいです、、、