ガンの重粒子線治療とは?(第三回)

こんにちは!kossyです!





さて、今回は連載形式でお送りしている
ガンの重粒子線治療についての記事の最終回になります!



過去エントリはこちら
ガンの重粒子線治療とは?(第一回) - web業界未経験からエンジニアになる人のブログ
ガンの重粒子線治療とは?(第二回) - web業界未経験からエンジニアになる人のブログ





5. なぜ治療費が高額なのか?

最大の理由は、施設に費用がかかるからです。



技術の進歩で、重粒子線治療プラントを作る敷地面積は
体育館一個分程度で事足りるようになりましたが、
それでも1つ建設するのに150億かかるそうです。

これを高いとみるか安いとみるか。


私は安いと考えています。


先日ブログで少しお話ししたオプジーボですが、
一人あたり年間で3500万円の費用がかかり、保険財政を圧迫していました。
それが問題になり、現在は薬価が下がりましたが、
それでも100mgあたり73万→28万なので、年間およそ1300万円かかります。
www.asahi.com

また、こちらの記事によると、
ganjoho.jp


2016年にがんで死亡した人は372,986人(男性219,785人、女性153,201人)。
2014年に新たに診断されたがん(罹患全国合計値)は867,408例(男性501,527例、女性365,881例)。

仮に2014年にガンと診断された方の1%がオプジーボを服用し始めたら、
年間に、1300万円×8600人 = 約1118億円(*1)
の費用が保険財政を圧迫することになるため、
国の財政への影響や重粒子線の様々なメリットを考えると、150億円の建設費用も安く見えてきませんか。



(*1)現実にどの程度オプジーボが服用されるのかはわかりませんが
話を単純化するために1%の患者としています。
要は治療費が莫大になると言いたいわけです。。。




6. 重粒子線の技術は日本が一番進んでいる

現在重粒子線治療を受けられる施設は日本国内に5箇所あります。
では世界で何箇所あるかと言いますと、10箇所だそうです。

つまり世界の重粒子線の治療施設の半分が日本にあるというわけです。
これってすごいことですよね。



ではなぜ日本で重粒子線の技術が一番進んだのか。
大きな要因は、20世紀終盤にアメリカが重粒子線の研究から
陽子線の研究に切り替えたことが要因として挙げられています。

日本はアメリカが重粒子線の研究から撤退した後も、
研究を続けた結果、他を大きく引き離すことができたようです。



まとめ

拙い文章をここまで読んでいただいた方、
誠にありがとうございます。

私自身し親類をガンで亡くしていることもあり、
「ガンは恐ろしい病気だ」
というイメージを抱いていましたが、
適切な治療を行えば、実はそこまで怖がる必要のない病気なのではないか、
思うようになりました。

いつの日か、普通の風邪を治すような感覚で
ガンを治せる日が来ればいいなと思います。




参考にさせていただいたサイト・書籍
オプジーボの価格、4月から2割超引き下げへ:朝日新聞デジタル
『インベスターZ(19)』(三田 紀房)|講談社コミックプラス
最新がん統計:[国立がん研究センター がん登録・統計]
大阪重粒子線センター | Osaka Heavy Ion Therapy Center

ガンの重粒子線治療とは?(第二回)

こんにちは!kossyです!





さて、今回はガンの重粒子線治療について、
第二回の記事を書いてみようかと思います。



第一回はこちらのエントリです。
kossy-web-engineer.hatenablog.com





3. 技術革新でガンの深層部への狙い撃ちが可能に



正常な細胞まで攻撃してしまっていた放射線治療ですが、
重粒子線治療の登場で、ガンの深層部への狙い撃ちが可能になりました。

通常のX線ガンマ線は体の表面で濃度がもっとも濃くなっていたのに対し、
重粒子線は、体の表面では濃度が薄く、ガンの深層部で
濃度が濃くなる特性を持っています。

この治療法によるメリットとして、
・副作用が少ないこと
・通院治療が可能なこと
・難治性のガンにも有効なこと
・治療期間が短いこと
等が挙げられます。

ひとつずつ説明します。




副作用が少ないこと


ガンの深層部への狙い撃ちが可能になったため、
正常な細胞へのダメージを最小限に抑えることができます。



通院治療が可能なこと

ガンの切除等の手術を受ける必要がないため、
高齢者など体力に不安のある方にもお勧めすることができます。



難治性のガンにも有効なこと

骨肉腫など骨のガンは従来の放射線治療が効きにくいとされていましたが、
重粒子線治療であれば効果が認められています。
また、肝臓ガンや膵臓ガンにも効果が出ています。



治療期間が短いこと

重粒子線はがん細胞への攻撃力が強く、
一回の治療で得られる効果が大きいため、
治療期間を飛躍的に短くできます。



上記のようなメリットがあります。
が、メリットばかりではありません。





4. 高額な治療費

重粒子線を用いたガン治療、トータルの治療費は314万円です。
強いてデメリットを挙げるとするならば、
ほとんどのケースで保険の適用外となるため、
原則として全額自己負担となってしまうことです。

通常のガンの費用は、
下記の記事によると、
hoken-shiritai.com


ここで参考になるのが、実際にがんの治療費がどのくらいかかったか?のデータになります。
保険会社が行ったがん罹患者に対するアンケートによると、健康保険適用外の費用を含めて、
治療費の総額が200万円以内と回答している方が全体の85%を占めるということです。
ちなみに、50万円程度が37.5%、100万円程度が31.5%、200万円程度が16%になります。
との記述がありました。

314万円という治療費を安いとみるか高いとみるか、
みなさんはどうお考えになるでしょうか。





続きます。

ガンの重粒子線治療とは?(第一回)

こんにちは!kossyです!




本日の気になったニュースはこちら
headlines.yahoo.co.jp

オプジーボは、元内閣総理大臣だった森喜朗氏のガンが再発して、
抗ガン剤治療から切り替えて服用して快復したことで
一時期有名になりました。
(森喜朗 ガン で検索するとたくさん記事が出てきます)

オプジーボは今月上旬に本庶佑氏がノーベル医学生理学賞を受賞して、
さらに世間の注目を浴びることになりましたが、
全てのガンに効果があるわけではないようで、過度な期待は禁物だと警鐘を鳴らす記事になっています。

ガンの治療法は免疫治療だけではないことを本記事で紹介できればと思ってます。










さて、今回は自分の思考の整理&引き出しを増やす目的で
ガンの重粒子線治療について書いてみようかと思います。
新しい試みで3回分の連載形式にしてみたいと思います。笑





いきなりなんで?笑って感じだと思うんですが、
私の好きな漫画のインベスターZという漫画の19巻を読んで、
衝撃を受けた、というのが書こうと思った理由です。


はじめに断っておきますが、私は医療関係者ではないので、専門的な知識は全くありません。

なのでマサカリ大歓迎です。










1. そもそもガンとは?



日本人の死亡原因1位の病気で、正式には悪性新生物と呼ばれています。

人間の体は毎日細胞分裂が行われているのですが、
時にはエラーが生じ細胞のコピーに失敗することがあります。
このエラーが積もりに積もって塊となり、やがてガンになります。



日本対ガン協会によると、ガンの部位別死亡率は男女で大きく違いがあり、
男性は肺ガン、胃ガン、大腸ガンの順で多く、この3つで半数近くを占めています。
女性は大腸ガン、肺ガン、膵臓ガンの順で、これ以外にも乳房や胃など、幅広く死亡例があるようです。

参照: がんの部位別統計 | 日本対がん協会




2. ガンの治療法



ガンの治療法には大きく分けて3つあります。

1つ目は、「手術で取り除くこと」
2つ目は、「抗ガン剤の投与」
3つ目は、「放射線を当てる」
です。



3つ目の「放射線を当てる」治療が今回紹介する重粒子線治療にあたります。
これは、ガン細胞に直接放射線を当てて破壊することです。

日本医療機関では、上記3つを組み合わせて医療行為を提供する場合が多いのですが、
それぞれメリット・デメリットがあります。



1. 手術で取り除く方法
1つ目の手術で取り除く方法は、「がん細胞を直接取り除くことが有効だと考えられているから」
なんですが、手術でガンだけを取り除くことは難しく、
正常な細胞を取り除くことになる場合が多いです。
その結果、臓器を体から取り除くことになるので、
手術する前と後では体力の低下などの日常生活への影響が出てきます。

2. 抗ガン剤の投与
2つ目の「抗ガン剤の投与」ですが、
全身に対して抗ガン剤の効果が期待できるのがメリットになります。
通常、ガン細胞は体の至るところに転移していくので、
手術でガン細胞を取り除くだけでは、全てのガン細胞を死滅させることは難しいのですが、
抗ガン剤治療であれば、成分が身体中に行き届くので、ケースによってガンを根治させることも期待できます。

ただ、世間一般に知られているように、嘔吐や倦怠感など副作用が伴います。
これは、抗ガン剤が、ガン細胞だけでなく、正常な細胞も攻撃してしまうことに起因しています。

3. 放射線治療
3つ目の放射線治療ですが、
放射線はガンの遺伝子を破壊するので、ガンそのものを消すことができます。

ところが、体の奥深くにあるガン病巣には狙って照射することが技術的に難しいのです。
従来のx線ガンマ線だと、体の表面近くで濃度が最大になり、
そこから先は体の奥深くになるにつれて濃度が下がります。
結果、奥深くのガン病巣にはダメージを与えることが難しいとされていました。



ところが、ある技術の登場によって、
体の奥深くにあるガンを狙い撃ちすることが可能になりました。



続きは明日更新します。





参考にさせていただいたサイト・文献『インベスターZ(19)』(三田 紀房)|講談社コミックプラス
がんの部位別統計 | 日本対がん協会