ソフトバンクがIPアドレスなしで通信できる技術を商用化

こんにちは!kossyです!




こんなニュースが出てました。
www.softbank.jp


以下、引用です。


ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、IoTデバイス向けのLTE通信規格であるNB-IoTにおいて、3GPP※1で新たに規格化されたNIDD(Non-IP Data Delivery)技術の商用環境での接続試験に、世界で初めて※2成功しました。これを受けてサービス事業者を募り、商用環境での試験サービスの提供を開始します。

NIDDは、IoTデバイスIPアドレスを割り当てることなくデータ通信を行うことができる新しい通信技術で、通信にインターネットプロトコルを使わないことにより、IoTデバイスを狙った悪意のある攻撃を受けるリスクが低く、高セキュリティーなネットワークを構築することができます。また、従来のデータ通信時に付加的に必要となるヘッダー情報などのデータが削減されることにより、通信に必要な電力を抑えられ、バッテリーを長持ちさせることができるほか、より広いエリアをカバーすることが可能となります。さらに、各サービスプロバイダーが提供するIoTプラットフォームや外部アプリケーションサーバーと閉域網で接続することにより、エンド・ツー・エンドで高セキュリティーネットワークを構築することも可能となります。

IPアドレス無しでどうやって通信するんでしょうか、、、

まぁネットに繋がっているだけで攻撃のリスクはあるわけなので、
閉域網で通信できればマルウェアの侵入もほぼ防げる(閉域網の利用者側に悪意がある場合はたぶん無理)と思うので、
IoT技術のセキュリティ面の課題はある程度改善の方向に前進したのではないでしょうか。


IoT界隈の今後の動きに注目したいですね。




参考にさせていただいた記事
・IoTのセキュリティ課題について
IoTのセキュリティ課題 | マルウェア情報局
IPアドレスとセキュリティ
IPアドレスとセキュリティ – ネットワークの仕組み - 道すがら講堂




* 筆者はIoTに関してはど素人です